2009年12月11日

山下智久の出演ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』

山下智久主演、2009年夏クールの月9ドラマとして、大きな期待がかかった『ブザー・ビート』でしたが、平均視聴率は14.4%。決していい数字とは言えませんが、人気がないバスケットボールを題材にした割りには健闘したと思います。

くっついたり、離れたり、ラブストーリーの王道です。中心は山下智久、北川景子、相武紗季というピカピカの3人。そこへ、ふてくされ顔の金子ノブアキ、肉食系の伊藤英明、控えめな永井大がからんでいくという展開です。

この作品で目立ったのは男性人の裸。特に山下智久があんなにマッチョだとは思いませんでした。あれで女性ファンは見る気になったのか、男の私にはわかりません。

しかし、北川景子は演技が下手でしたね・・・。それでも一生懸命やっていましたし、ファンですから個人的には気になりません。むしろ、逆にカワイイと思うくらい。そして、珍しく相武紗季が悪女役。あまり似合いませんでしたが、女優としての輝きは北川景子に引けをとりませんでした。

いまのテレビドラマ界において、人気的にトップに君臨する3人のドラマ。それぞれのファンがそれぞれの視点で見て、「あーでもない」「こーでもない」と言いながら(思いながら)楽しく見るドラマです。こういうのもいいんじゃないですか。


おすすめ度:★★★☆☆

(関連記事)
『ブザー・ビート』相武紗季、いまのところ悪い子
『ブザー・ビート』北川景子、悩み多きヒロイン
長澤まさみの出演ドラマ『プロポーズ大作戦』
posted by たくぞー at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。