2010年07月04日

阿部寛の出演ドラマ『新参者』

阿部寛と東野圭吾(原作)という豪華な組み合わせ。とても期待が大きかったドラマでした。それを反映してか、初回の視聴率は21.0%。その後、第8話で最低の12.7%に落ちましが、最終回(第10話)は18.0%まで盛り返して平均は15.2%。視聴率的にはまあまあですかね。

三井峯子(原田美枝子)が殺害され、その犯人を日本橋署の刑事、加賀恭一郎(阿部寛)が追い詰めていくストーリーです。1話ごとに登場人物のエピソードを設け、お涙頂戴に落とし込む展開は予想外。かなり演出的には難しい作りです。

阿部寛の演技力は相変わらず高く、ここでは不気味な雰囲気が漂う刑事。特に気に入った点は音楽(山下達郎、菅野祐悟)と人形町を舞台とした粋な感覚でした。

ネタバレはしないので詳細は書きませんが、数回見ているくらいでは想定しにくい犯人に着地させたと思います。

好き嫌いがはっきりわかれそうな異色の刑事ドラマです。

おすすめ度:★★★☆☆

(関連記事)
阿部寛の出演ドラマ『白い春』
阿部寛の出演ドラマ『結婚できない男』
綾瀬はるかの出演ドラマ『白夜行』
posted by たくぞー at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155412592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。