2009年07月14日

木村拓哉の出演ドラマ『MR. BRAIN』

2009年春ドラマとして、1カ月遅れの5月に始まった『MR. BRAIN』。平均視聴率は20.5%(全8話)を記録。いろいろあるかと思いますが、結果がすべて。さすがは木村拓哉です。

基本的に1話完結の推理モノです。彼は脳科学者を演じ、いつものように破天荒なキャラクターで現場をかき回します。

まるで『笑っていいとも』のタモリを見ているかのようでした。優秀な司会者。ゲストを盛り立てて、華やかさを演出していきます。

明らかに彼の存在感を上回っていたのが市川海老蔵です。次点がいまや超主演級の仲間由紀恵。レギュラーでは綾瀬はるかがどんどん脱線して見ていて楽しかったです。

ネタバレは書かないので詳細には触れませんが、最後までふざけた調子を貫き通しました。この終わり方、好きです。

テレビドラマ界を背負ってきた視聴率男。表面的には軽くやっているようでいて、このドラマでも自分自身の可能性を探っていたのでしょう。

エーターテインメントに徹したドラマのお手本です。



おすすめ度:★★★★☆

(関連記事)
木村拓哉の出演ドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』
『MR. BRAIN』市川海老蔵、漂う男の色気
『MR. BRAIN』綾瀬はるか、天然のなせる業
posted by たくぞー at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123473163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。