2009年03月21日

北大路欣也の出演ドラマ『落日燃ゆ』

あなたは、

廣田弘毅を−

知っていますか?



『落日燃ゆ』は2009年3月15日に放送されたテレビ朝日の単発ドラマです。原作は城山三郎の同名作(新潮社刊)。北大路欣也は東京裁判において絞首刑を宣告された第32代内閣総理大臣・廣田弘毅(ひろたこうき)を演じました。

時代は1931年から1948年。歴史的な背景として、満州事変、二・二六事件、太平洋戦争が描かれています。

ここでの北大路欣也には圧倒的な存在感があります。そして、家族〜妻(高橋惠子)、娘(原田夏希、遠藤凪子)、息子(山本耕史、木村彰吾)を包み込むような深い愛情。何があっても動じることのない器の大きさを感じさせます。

対立し続けた軍人たちと同様にA級戦犯として扱われる廣田弘毅。それに対し憤りと悲しみの思いを抱く家族や仲間。しかし、彼自身は一切の弁明もせず、運命に身を委ねていきます。

あまりにも辛い歴史の重み。

昨今、己の利権しか考えない政治家がはびこる中、廣田弘毅という人間的な魅力に溢れた総理大臣がいた事実を知り、感慨深いものがありました。

『ゴンゾウ〜伝説の刑事』の猪崎宣昭が手掛けたヒューマンドラマの名作です。

おすすめ度:★★★★☆

(関連記事)
北大路欣也の出演ドラマ『華麗なる一族』
内野聖陽の出演ドラマ『ゴンゾウ〜伝説の刑事』


posted by たくぞー at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。