2009年03月04日

内野聖陽の出演ドラマ『不機嫌なジーン』

『不機嫌なジーン』は竹内結子主演の「月9」ドラマです。彼女は恋愛を生物学的にとらえる少し風変わりな動物生態学を学ぶ大学院生、蒼井仁子、通称ジーンを演じました。内野聖陽は彼女の元恋人で、世界的にも有名な環境生物学者、南原孝史に扮しています。

平均視聴率は14.2%。「月9」として、ラブコメディーの女王が主演のドラマとして、物足りない結果となりました。

2005年放送当時感じたのは、内野聖陽の舞台出身者にありがちなオーバーな演技。真面目で実直なイメージのあった彼が、ここでは一転して、(表面的には)いい加減な男。少しひいてしまうような違和感を抱きました。しかし、いま振り返ると、内野聖陽が演技者として表現したもう一つの「引き出し」にとまどったのだと思います。

くっつきそうで、くっつかない。ストーリー展開はそれほど重要ではありませんが、とにかく楽しいドラマでした。

さらに、『不機嫌なジーン』と言えばあるメロディーが頭の中を駆け巡ります。主題歌はYUIの『feel my soul』ですが、何と言ってもサラ・ヴォーンの『ラヴァーズ・コンチェルト』。 幸せを感じさせる名曲です。音楽にはピチカート・ファイヴの小西康陽が関わっていたので、彼のセンスなのでしょう。

コメディエンヌとしての竹内結子は文句の付け所がありません。個人的には、内野聖陽の実力がわかったいまだからこそ受け入れられるラブコメディーの佳作です。


おすすめ度:★★★☆☆

(関連記事)
内野聖陽の出演ドラマ『臨場』
内野聖陽の出演ドラマ『ゴンゾウ〜伝説の刑事』
竹内結子の出演ドラマ『薔薇のない花屋』


posted by たくぞー at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。